縄跳びダイエット

縄跳びダイエットの効果とやり方

縄跳びダイエットの効果的なやり方

縄跳びダイエットは、ウォーキングなどと同様に有酸素運動ということになります。

 

跳ぶ都度に脂肪を燃焼することができ、さまざまな跳び方をすることで、筋肉を鍛えることもできます。

 

また、心肺機能が向上することや、俊敏性が高まること、ストレスや気分発散ができるという効果もあります。

 

縄跳びはジャンプをしますので、全身の脂肪を揺らすことができ、全身運動ですので、効果的なダイエットの方法なのです。

 

では、どのように実践したら良いのでしょうか?

縄跳びダイエットの効果的なやり方

 

有酸素運動は20分経過後に脂肪が燃焼し始めるということもありますので、20分間は続けるとよろしいです。

 

最初の内は、身体に負担がかからない程度で、3分程度続けて、休みながら跳ぶ方法がよろしいと思います。

 

そして、慣れてきましたら、少しずつ時間を増やすことが必要です。

 

ただ、アスファルトの上などでジャンプをしますと、足首や膝に負担がかかるので、クッション性の高い靴を利用するなどの対応をしなければなりません。

 

それから、縄跳びダイエットでの心配としては、ふくらはぎが太い人の場合、ますますふくらはぎが太くなってしまうのでは・・・という心配もあるかもしれません。

 

確かに縄跳びはふくらはぎの筋肉をつかいますからね。

 

では、ふくらはぎを太くしたくないと言う場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

それに関しては、ふくらはぎダイエットに関するサイトを見つけましたので、そちらのサイトを参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

ふくらはぎは第二の心臓

縄跳びダイエットの効果的なやり方

「足は第二の心臓」ということを聞いたことはあるでしょうか?

 

この足というのは、ふくらはぎのことです。

 

心臓から送り出された血液は、全身を駆け巡り、また心臓に戻ってきますが、ふくらはぎの筋肉の収縮により、下半身の血液が上半身へと戻ってくるわけです。

 

最近ウォーキングが身体に良いといわれているのも、ウォーキングはふくらはぎの筋肉を収縮させるため、第二の心臓が活発に働き、血流が良くなるため、あらゆる病気の改善や予防につながるというわけです。

 

もちろん血流が良くなることで代謝も良くなるので、ダイエット効果も期待できるのです。

 

なのでふくらはぎの筋肉を動かすことはとても大切なのです。